使い方・用語説明

グレー・ハウンド

グレー・ハウンド

【体 高】
68〜76cm
【体 重】
27〜32kg

外見のとくちょう

体つきは、細身ながらもしなやかです。ドッグレースに使われた事からもうかがい知られるように、力強い筋肉に富んでいます。また、たくましい骨格をともなった、のびやかな長いあしをもっています。優れた運動能力を追求して生み出されたというその理由は、その体格をみれば容易に想像ができるでしょう。多くのハウンドドッグが今日までにその性質が改良されたのに対し、グレー・ハウンドではレース用としていじされているので、その特ちょうはずっと保たれています。
フラットな頭と長い顔の表情には気品があり、ふだんは後方にねている小さい耳は、きんちょうとともに半分立てて、けいかいします。
ひ毛は細くなめらかな短毛で、密生しています。毛色に関しては、制限はありません。

性格

感覚がえいびんで、運動意欲やとう争心の強い、きっすいのりょう犬といえるでしょう。動く物を追う持ち前の本能により、えものを追いだすと夢中になってしっ走してしまいかねない面をもっています。それを制ぎょする訓練は必ずしも容易ではありませんが、きちっとしつけを行き届かせる事により、おだやかで従順な家庭犬になるでしょう。
日常的にはとてもおとなしいのですが、子どもの相手は苦手なようです。

歴史

犬種の歴史は非常に古く、古代エジプト王朝のいせきから出土したちょう刻に始まり、多くの芸術品に登場しています。また、紀元前のギリシアの文けんにも記録が残されているといわれています。イギリスには、紀元前の時期にわたったといわれています。
古代エジプトから始まり、ひかく的最近まで高貴な階級で愛され、イギリスでは法律によって、ゆう福な人間のみしか飼育できないというきまりがあったほどです。
走力が認められて、動物に似せた物をトラック上で走らせ、それを犬に追わせるというドッグレースへと発展しました。

ペットとして飼う場合

飼育ポイント

定期的に広い場所で走らせ、長時間のかけ足での散歩をさせます。軽い散歩程度では運動不足で、引き運動なら飼い主の体力も必要です。
いったんえものをみれば、本能のおもむくままどこまででも走る習性をもった犬種ですので、その性質を生かした遊びなどを行うと良いでしょう。十分な運動が不可欠ですので、制約だらけの都市部での飼育は難しいでしょう。

食事は過食に気をつけて、1日1回〜2回、栄養バランスのとれた物をあたえます。運動量の多いうちは、ドライフードに、高タンパクでカルシウムの豊富な食品やかんづめフードと穀類を混合したものをあたえるとよいでしょう。季節と場合によっては、バターなどを少量加えてもいいでしょう。

なめらかな短毛ですので、手入れはスキンシップをとるためと血行をそく進させるのをかねて、ラバーブラシなどを使ったブラッシングを行うとよいです。
シャンプーは特に必要なく、体がよごれたら固くしぼったタオルでふいてあげましょう。

健康上の注意点

寒さに弱い面があるので、注意が必要です。また、皮フがうすく、傷つきやすいです。

 

前のものを見る

次のものを見る

Copyright(C) 2016 PETPET All Rights Reserved

ペットペット

図鑑トップキッズgoo トップ