使い方・用語説明

柴犬

柴犬

【体 高】
37〜40cm
【体 重】
9〜14kg

外見のとくちょう

均整のとれたがんじょうな体をもち、びんしょうで動作の素早い犬です。骨格がしっかりしていて、それに付属する筋肉はよく発達しています。自然体のそぼくな姿には、さっそうとしたせいかんさがあります。やや前傾してしっかりと立った小さな耳と、多少目じりが上がった三角形の目がとくちょうです。太くて力強いしっぽは、背中の上に巻く「巻きお」と、かまのはのような半円をえがく「差しお」と呼ばれるものの2種類がみられます。
ひ毛は、かたい上毛とやわらかい下毛のダブルコートで、しっぽの毛は体毛よりやや長くのびています。色は、赤、ごま、黒ごま、赤ごま、黒かっしょくなどがいます。

性格

日本犬の代表的な性格で、忠実で利口、ゆうかんで行動的です。ただ、しょうしょうがんこな面があり、あまやかすと手のつけられないワガママ犬になってしまう事もあります。
日本の風土やかんきょうに合った犬種として飼いやすく、人気も高いです。
けいかい心も強いことなどから、番犬としても優れた能力を発揮します。

歴史

日本原産の、最古の犬の一種とされています。
ルーツには諸説がありますが、そのひとつとして古代のいせきから骨などがはっくつされていて、それがこの犬の祖先だともいわれています。やがてとらいした民族が連れてきた犬の血が混じって、今日の柴犬が誕生したという説があります。太古の時代からしゅりょうを手伝うなど、人間とともに暮らしてきたようです。
以前はしゅりょう犬としてかつやくしていましたが、今日では日本の風土にあった体形、体力、性質をもつ家庭犬として飼育されています。また、アメリカをはじめ、海外での人気も高まってきています。
1936年には天然記念物に指定されました。

ペットとして飼う場合

飼育ポイント

活動的な犬種なので、かなりの運動量が必要です。その質や量は、飼い主の飼育方法や犬の年れいなどによってもちがってきます。ただ、育ち盛りの犬では、どんなに運動しても、よほどのことがないかぎりふつうにしているほどのつかれ知らずです。目安として、若い成犬の場合は1日に30分〜1時間程度は、通常の散歩と自転車などでの引き運動を、それぞれ一回ずつ行うといいでしょう。

健康をいじするためには、バランスのとれた食事をあたえることが大切です。あたえる回数は、犬の成長段階や健康状態によっても異なりますが、いっぱん的には成犬の場合、1日2回が目安となります。内容としては、総合栄養食と明記されたドッグフードの中から選ぶと良いでしょう。

あらくてかたい短毛のため、ふだんの手入れはかためのじゅう毛ブラシなどで、毎日ブラッシングをします。ただし、かん毛期にはひふ病を予防するためにも、死毛を取り除くための入念なブラッシングが必要です。
よごれが目立つときは、蒸しタオルで体全体を包みながら、やや強きましょう。
入浴は、かん毛期に月1回程度、通常は体しゅうが気になるときやひ毛がベタついたときだけで十分です。入浴をする場合は、体温より低めにシャワーの湯の温度を設定して、蒸すように洗います。その後はタオルでしっかりと水気を取り、ドライヤーで毛の根元までしっかりかわかすようにしましょう。

健康上の注意点

活動的な犬種なので、適度な運動を行い、心身の健康をはかりましょう。
ひかく的じょうぶですが、心臓の病気には注意しましょう。定期的に検査をするのも良いでしょう。

 

前のものを見る

次のものを見る

Copyright(C) 2016 PETPET All Rights Reserved

ペットペット

図鑑トップキッズgoo トップ