使い方・用語説明

シルキー・テリア

シルキー・テリア

【体 高】
23cm
【体 重】
3.5〜4.5kg

外見のとくちょう

典型的なテリアの体形で、名前のとおりのシルクのような光たくと、手ざわりにくせのない、優美な長いひ毛が最大の特ちょうです。しっぽは、直立するように短く切られる事が多いようです。
毛色はブルーからブルーグレイの地色のボディで、顔など体の一部分が黄かっ色なのが、スタンダードとされています。また、頭頂部は青みがかったシルバーであることが多いです。生まれたばかりの子犬はブラック&タンで、その後ブラックの部分がグレイに変色していき、成犬の体色になります。

性格

非常にしつけやすく、忠実な犬種です。また、おだやかで、決して争いやケンカを好みませんが、見知らぬ人間に対しては、注意をゆるめません。

歴史

オーストラリア原産の小型犬です。
1930年ころまではオーストラリアン、シルキー、ヨークシャーという3種のテリアの、厳然たる区別はなされていなかったようです。それが1932年になって、初めてこの3品種の交雑禁止が決定されました。
英国では、原産地の名前をもらった、オーストラリアン・シルキー・テリアと呼ばれることが多いようです。

ペットとして飼う場合

飼育ポイント

活動的な犬なので、毎日散歩をさせるか、安全な場所で十分に走らせてあげる必要があります。
飼い主と犬の間での服従訓練は、絶対に必要です。特にむだぼえに関しては、早い時期からしつけを行うようにします。

エサはドライフードを基本に、かんづめフードなどを加えた混合食がおすすめです。美しいひ毛を保つためには、良質なフードを選ぶべきでしょう。

その美しい体毛をキープするためにも、ブラッシングは毎日欠かさず行わないと、すぐにもつれてしまいます。室内飼育の場合は、ツメ切りも定期的に行うようにしましょう。
シャンプーは週2回程度行います。また、時折は耳、しっぽ、口周りのむだ毛を、トリミングする必要があります。
シルクのようなひ毛なので、プロによる手入れも定期的に行うと良いでしょう。

健康上の注意点

じょうぶな犬種ですが、成長期に目や歯に問題が現れることがありますので、成犬になるまでは健康面での注意が必要です。
だっきゅうや関節の病気のほか、気管きょだつに気をつけましょう。せきや変わった呼吸の音をさせていないか、日ごろからよく観察する必要があります。

 

前のものを見る

次のものを見る

Copyright(C) 2016 PETPET All Rights Reserved

ペットペット

図鑑トップキッズgoo トップ