使い方・用語説明

ケリー・ブルー・テリア

ケリー・ブルー・テリア

【体 高】
44〜50cm
【体 重】
15〜18kg /メスはやや軽い

外見のとくちょう

体形はすっきりとした四角形で、引きしまった筋肉質の体つきをして、気品のある美しい外観をしています。顔は細長く、豊富なアゴひげが生えています。
毛は縮れて密生し、毛質は絹状です。名前の通り、毛色がシルバー・ブルー、スモーク・ブルーになるのが最大の特ちょうです。また毛の色は子犬のころは黒く、成長に従い変化します。

性格

仕事や遊びなどでいそがしくしているのが好きです。飼い主には忠実ですが、他の犬に対して好戦的なところがあります。

歴史

ベドリントン・テリアを元にして作られたとも、今は存在しないガダールという犬を元にして作られたともいわれています。20世紀初頭に番犬や牧羊犬など、様ざまな働きをみせる犬として活動してきました。
名前の由来はアイルランドの南西部、ケリー州で多く飼育されていたためで、アイルランドの国犬です。

ペットとして飼う場合

飼育ポイント

30分程度の引き運動を、毎日2回は行いましょう。それに運動場や広場などでの自由運動も加えると理想的です。常にいそがしくしているのを好むので、こうした運動以外に、室内や庭先でも十分に遊んであげるといいでしょう。
他の犬と接近する可能性のある運動の際には、リードをしっかりつけ、他の犬とトラブルをおこさないよう訓練する必要があります。

食事は1日1〜2回が目安です。栄養バランスのとれたドライフードにかんづめフードをまぜたものを、運動量に見合った量をあたえるように心がけましょう。

やわらかな毛は毎日ブラッシングし、ひげはクシでとかしてあげましょう。専門家の手によるトリミングも、定期的に行いましょう。
よごれがこびりつかないよう、毎食後にタオルで口ひげをふいて、常に清潔に保つようにします。
シャンプーなどの手入れも、手早く洗ってよくすすいだ後はしっかり水気を取り、ドライヤーでかわかしてあげましょう。

健康上の注意点

じょうぶで比かく的長生きをする犬種ですが、まれに脳や神経などに異常がみつかることがありあます。過食による肥満にも注意しましょう。

 

前のものを見る

次のものを見る

Copyright(C) 2016 PETPET All Rights Reserved

ペットペット

図鑑トップキッズgoo トップ