使い方・用語説明

オーストラリアン・キャトルドッグ

オーストラリアン・キャトルドッグ

【体 高】
43〜51cm
【体 重】
16〜20kg

外見のとくちょう

体長が体高より少し長めで、たくましくバランスのとれた体形をしています。
毛は、まっすぐで短めの上毛と密生した短い下毛のダブルコートです。生まれたときは白っぽい体色をしていますが、成長とともに色が変化します。

性格

飼い主に対しては非常に従順ですが警かい心が強いので、それ以外の人間にはなつかない面があります。こうげき的にならないように、早期からのしつけが必要です。かしこく持久力に優れているので、根気よく訓練していけば、優れた作業犬に成長します。

歴史

暑くかんそうした内陸部の自然と重労働にたえられる犬が必要だったため、オーストラリアの開たく民により、ハイランド・コリーとオーストラリアの野犬ディンゴをもとに作り出されました。
今はイギリスやアメリカで、牧ちく犬や家庭犬として人気のある犬種となっています。

ペットとして飼う場合

飼育ポイント

バツグンの体力で知られ、どんな遊びでも楽しむことができます。生まれながらの牧ちく犬なので、広場などでの運動は不可欠です。運動量が少ないと問題行動につながることがあります。

食事は1日1〜2回が目安です。栄養バランスのとれたドライフードを、運動量に見合った量をあたえるように心がけましょう。

きびしい気候にもたえるダブルコートの短毛は、運動後に軽くブラッシングしましょう。ただし、毛の生え変わる時期には、しっかりブラッシングを行いましょう。体のよごれが気になったら、固くしぼったタオルでふきます。

健康上の注意点

活動的な犬種なので、スキンシップをかねた適度な運動が、心身の健康を保つ上で重要です。また、目の病気にかかることがあるので注意しましょう。

 

前のものを見る

次のものを見る

Copyright(C) 2016 PETPET All Rights Reserved

ペットペット

図鑑トップキッズgoo トップ