使い方・用語説明

オーストラリアン・ケルピー

オーストラリアン・ケルピー

【体 高】
42〜50cm
【体 重】
11.5〜14kg

外見のとくちょう

キツネに似た顔は細長く、耳は外側に向いて直立して先がとがっています。アーモンド型をした目が、かしこそうな表情をつくっています。しっぽの長さは適度で、垂れ下がっています。骨格はひかく的細めで、ひきしまった筋肉におおわれています。牧羊犬らしく、はばが広く深い胸をしています。
ひ毛は短くてあらいダブルコートで、毛色は黒、赤かっ色、かっ色、青灰色、チョコレート色などがいます。

性格

けいかい心が強い面があります。持久力や判断力、にんたい力などが強く、感覚と動きもえいびんです。
牧羊犬としては、もくもくとスピーディーにノルマをこなす、仕事好きな犬です。反面、いったん引くと決めると一目散ににげてしまうので、警護犬には不向きかもしれません。特技は家ちくの種類やかんきょうを選ばず、きちんとかんとくして整然とまとめる事です。
ふだんは温厚ですが、かしこさにかまけず、訓練と仕事をあたえる飼い主がよいでしょう。見知らぬ人にこうげき的にならないよう、早い時期からしつけをしましょう。

歴史

誕生のいきさつは不明で、スコットランドの牧羊犬が基そであるとされています。それに、ケルピーと呼ばれたニュー・サウス・ウェールズの犬を交配させたという説、オーストラリアの野生犬であるディンゴと交配させたという説などがありますが、くわしい事は、はっきりとはしていません。1870年ころから、オーストラリアの牧羊犬として飼育されていました。
名前についても諸説があり、スコットランドの伝説に出てくる、馬に似たかいぶつケルビーに因んでいる、などともいわれています。

ペットとして飼う場合

飼育ポイント

朝夕の散歩は毎日欠かさず、十分なきょりを走らせてあげます。引き運動でドッグランなどへ行き、たっぷりと自由運動をさせてあげましょう。運動は量だけでなく、スピード、地形、遊びの種類など、内容に変化をつけて行います。並外れた持久力や反射神経を身につけているので、アジリティーなどをいっしょに楽しむのも良いでしょう。

成犬の食事の回数は1日1回か2回で、いっぱん的にはドライフードにたんぱく質やカルシウムの豊富なフードを加えた混合食をあたえます。季節や体調、運動量などを加味して、量や内容を調節します。

短毛種なので、通常はブラッシングだけでよく、グルーミングには手間がかからない犬種です。屋外でよく運動をさせていれば、特別な手入れも不要です。
シャンプーは特に必要なく、固くしぼったタオルで体のよごれを落とす程度で、だいじょうぶでしょう。

健康上の注意点

暑さ、寒さのどちらにも強く、ひかく的じょうぶです。
活動的な犬種なので、スキンシップをかねた適度な運動で、心身の健康をはかりましょう。

 

前のものを見る

次のものを見る

Copyright(C) 2016 PETPET All Rights Reserved

ペットペット

図鑑トップキッズgoo トップ