使い方・用語説明

マルチーズ

マルチーズ

【体 高】
25cm
【体 重】
1.5〜3kg

外見のとくちょう

きゃしゃな体と短いあし、絹のようなまぶしいほど白いひ毛が、なんといってもそのとくちょうです。ふち黒で暗色の目を持ち、体は適度に引きしまっています。
ひ毛は、鼻先、垂れた耳からしっぽの先まで、ゆかに届くほどまっすぐのびる長毛です。しっぽにも流れるような豊かなかざり毛があります。

性格

利口でしつけのしやすい犬です。その上落ち着きがあり、温厚であると同時に活発で遊び好きです。
飼い主とは愛情を持ってつきあい、非常に従順です。ただし、あまやかし過ぎてきずなが強まり過ぎると、はいた的になる事もあります。ですので、子犬時代からいっかん性をもってしつけをしましょう。

歴史

フェニキア人による貿易のちゅうけい地として栄えた地中海地方で生まれ、エジプト経由でギリシャからローマへ伝えられたといわれています。
以前から貴族階級たちに愛され、その姿は古代ギリシャの芸術工芸品などにもえがかれています。15世紀には、フランスきゅうていの貴婦人の間で、病気をいやす効果があるとされた宝石と同じ感覚で、流行したといいます。また19世紀イギリスのビクトリア女王のペットとしても有名になりました。

ペットとして飼う場合

飼育ポイント

散歩をしたり公園で遊んだりするのが、非常に好きな犬です。動き回れるスペースを十分に使った室内運動だけでも不足はありませんが、犬のストレス解消と日光浴をかねて、できれば毎日20分程度外で運動する機会をつくってあげましょう。

食事は朝夕2回、栄養バランスのとれた小型犬用フードをあたえます。しこう性をついきゅうしすぎたり、人間の食べ物をあたえないように気をつけましょう。

長いひ毛には毎日のコーミングとブラッシングが欠かせません。白く美しいひ毛を保つためには、プロ並の手入れが必要となってきます。場合によっては、長い毛を短くカットすると管理し易いでしょう。室内飼育の場合は、つめ切りも定期的に行うようにしましょう。
シャンプーは、週に1度が理想的なペースでしょう。定期的なトリミングも欠かせません。かん毛期には専用のコームで毛をすき取りましょう。
目の周りはなみだやけを起こしやすいので、毎朝ぬれたコットンで目元をふき、毎食後口の周囲のよごれを取ります。また、おしりのまわりも清潔に保ちましょう。

健康上の注意点

常に健康状態を観察して、げりや肥満に注意します。ひふ病や目の病気にかかりやすいですが、ひかく的じょうぶで、飼育かんきょう次第では長生きしてくれるでしょう。
眼が傷つくのを防ぐためにも、目にかかる毛は結ぶか短くカットするとよいでしょう。
耳の感染しょうに気をつけるためにも、耳そうじはこまめに行いましょう。ただし、やりすぎて逆に傷つけないように注意が必要です。
日ごろから、ブラッシングの時によく観察して、ひふの状態をチェックしてあげましょう。また、肥満によりしっしんなども出やすくなるので注意が必要です。

 

前のものを見る

次のものを見る

Copyright(C) 2016 PETPET All Rights Reserved

ペットペット

図鑑トップキッズgoo トップ