使い方・用語説明

チワワ

チワワ

【体 高】
15〜23cm
【体 重】
2.7kg以内

外見のとくちょう

その骨格はきゃしゃですが、前胸は豊かに発達し、腹部はよく引きしまっています。全体にしなやかな体形といえるでしょう。
頭部は丸味があり、鼻の先は丸味のあるクサビ形、鼻筋はまっすぐで適度に短く、小さな鼻はわずかにとがっています。ぱっちりと丸い大きな目のひとみは暗色、ルビー色、または明るい色と多さいです。耳は大きなそり耳で、きんちょうしているときはピンと立ちます、くつろいでいるときはかたむいて開いています。
ひ毛には短毛のスムース・タイプと長毛のロング・タイプの2種類があります。スムースではなめらかでこうたくのある毛が密生しており、首の毛はややあらく、頭と耳の毛が非常に短いのがとくちょう。一方のロングはやわらかく、まっすぐか、わずかにウェーブがかかったものがあり、耳、首、あしとしっぽは特に豊かに密生しています。毛色はいずれも、フォーン、ブルー、チョコレート、黒、ブラック・タン、レッドなどがあります。
世界でもっとも小さい犬種と言われています。

性格

きわめて忠実で、飼い主に対して深い愛情を示します。活発でこうき心もおうせい、びんしょうに動く姿が印象的な犬です。またあまえんぼうなところがある反面、大きな犬の前でも堂々と自分を主張することもあります。
いろいろな面で訓練には対応しますので、幼犬期からきちんとしつけを行えば、可愛い家族になるでしょう。

歴史

9世紀ころメキシコ周辺を支配していたトルテック族などが、聖なる犬として飼育していたテチチという犬が、その祖先といわれています。
またアメリカ大陸に上陸したスペイン軍が連れてきた犬、あるいは海路アメリカにわたった中国人が連れてきた犬など、その祖先については、諸説があります。いずれにしても、初めて原産国のメキシコからアメリカに輸出されたのは1850年のことで、その後世界各国にふきゅうしました。

ペットとして飼う場合

飼育ポイント

つい、だっこをして移動したくなりますが、犬のことを考えれば歩かせた方がよいでしょう。
戸外での運動は特に必要ありませんが、天気のいい日は日光浴をかねて、散歩をさせた方が良いでしょう。また運動不足にならないよう、室内でいっしょに遊ぶことも大切です。
活発でこうき心もおうせいなので、その気にさせれば、犬のほうからじゃれついてくるはずです。

成犬の食事の回数は1日1回か2回で、いっぱん的な小型犬用フードをあたえます。しこう性をついきゅうしすぎたり、人間の食べ物をあたえないように気をつけます。

スムースの手入れは、しし毛ブラシを使った毎日のブラッシングや、体を固くしぼったタオルでふきます。ロングでは毛玉ができないよう、ブラッシングとコーミングを組み合わせて行います。
シャンプーしてもかまわないですが、寒さに弱い面があるので冬場は手短にします。シャンプー後はタオルでしっかり水気を取った後、ドライヤーで根元までかわかします。
週に1度程度、耳、ツメ、歯の手入れをするとなおよいでしょう。

健康上の注意点

ひざのだっきゅうのほか、骨が細いために骨折をしやすいので、ちょっとした段差にも気をつけましょう。
超小型のために、大人になってもずがい骨のすきまが閉じない泉門開存になっている場合があります。

 

前のものを見る

次のものを見る

Copyright(C) 2016 PETPET All Rights Reserved

ペットペット

図鑑トップキッズgoo トップ