使い方・用語説明

ウェルシュ・コーギー・カーディガン

ウェルシュ・コーギー・カーディガン

【体 高】
25〜33cm
【体 重】
8〜12kg

外見のとくちょう

このカーディガンとよく似た犬にペンブロークがいます。両者をひと目で見分けるには、そのしっぽをみればいいでしょう。長いしっぽをもつカーディガンに対し、ペンブロークではしっぽがないのがそのとくちょうになっています。また、カーディガンの耳先がややとがっているのに対して、ペンブロークの耳先はわずかに丸みをおびています。
中くらいの長さのかたい毛が密生していて、毛色はレッド、セーブル、フォーン、ブラック・タンなどです。

性格

利口で訓練しやすく、たのもしい一面をもっています。ただし生まれながらの見張り番で、なわばり意識が強いので、よい番犬になります。

歴史

ベンブロークより歴史の長い犬種とされ、農場などでの作業に使われていました。現在はペットとして世界中で愛されています。
名前にある「カーディガン」は、ウェールズのカーディガン州にちなんでいます。

ペットとして飼う場合

飼育ポイント

もともと活発な犬なので、しっかりと運動の時間をとる必要があります。ただし、夏は地面の熱が冷めた夕方から夜間にお散歩する様にして、日中の運動はさけましょう。

成犬の食事の回数は1日1回か2回が目安です。基本的に食欲はおうせいなので、食べ過ぎには注意する必要があります。特にこの犬種のようにどうの長い犬の場合、肥満は重大な問題になってきます。栄養バランスに優れた、品質のよいドライフードを中心にあたえましょう。


まっすぐでかたい毛は、ピンブラシで全身を軽くとかしてぬけ毛を取り除き、あとはコームで整えましょう。ただし、密生した下毛があるので、毛の生え変わる時期には相当な量の毛がぬけます。その時期のブラッシングは、念入りに行うようにしましょう。
シャンプーは必要に応じて行います。
トリミングは足まわりの毛だけ必要で、のびてきたらカットするようにしましょう。

健康上の注意点

肥満とあわせて、こしを痛めないように特に注意しましょう。

 

前のものを見る

次のものを見る

Copyright(C) 2016 PETPET All Rights Reserved

ペットペット

図鑑トップキッズgoo トップ