使い方・用語説明

スタンダード・ダックスフンド

スタンダード・ダックスフンド

【体 高】
20cm
【体 重】
9〜12kg

外見のとくちょう

長い体、短い足の低い体高が、この犬種の何よりの特ちょうです。足はとても短いのですが、かつてりょう犬であったことをうかがわせるほど、筋肉質な体つきをしています。耳は毛質に関わらず大きく垂れています。
毛質はスムース、ロング、ワイヤーと3種があります。毛色も3タイプともに、単色、2色、まだら、トラ模様とバリエーションも豊富です。

性格

明るく遊び好きで、個性の強い犬種です。飼い主に対しても従順で、家族に対してもよくなれます。

歴史

もともとアナグマりょうに使用された犬種で、穴ににげこむアナグマを追いかけるのに都合のいいように改良がなされました。

ペットとして飼う場合

飼育ポイント

活動的でおどろくほどのスタミナをもっているので、運動はたっぷりと行いましょう。1日1〜2回は屋外へ出して運動をさせます。ただし、ジャンプや後ろ足のみで立たせるなど、こしに負担のかかるものはダメです。

成犬の食事の回数は1日1回か2回で、内容はドライフードとかんづめフードを混ぜたものがよいでしょう。よく食べますが、それに合わせてあたえてしまうと肥満になるので、運動量に見合った量をあたえるように心がけましょう。

どの毛のタイプでも、まめにブラッシングしましょう。スムースタイプはビロードの布やセームなどで毛をこするとツヤが出ます。ロングタイプの場合は、定期的にのびた毛をカットします。ワイヤータイプの場合は、毛質を保つためにも、手入れをプロにお願いするか、直接やり方を教わるとよいでしょう。どのタイプでも、室内飼育の場合は、つめ切りは定期的に行うようにしましょう。
シャンプーは必要に応じて実行します。シャンプー後は必ず毛の根元まで完全にかわかし、温かく保ちましょう。

健康上の注意点

特に気をつけなければならないのが、肥満です。肥満はしっしんが出やすくなったり、心臓に負担がかかったりするほか、ヘルニアを引き起こす原因にもなるので、注意しましょう。

 

前のものを見る

次のものを見る

Copyright(C) 2016 PETPET All Rights Reserved

ペットペット

図鑑トップキッズgoo トップ