使い方・用語説明

スコティッシュ・テリア

スコティッシュ・テリア

【体 高】
25〜28cm
【体 重】
8〜10kg

外見のとくちょう

小型ですが、筋肉質でたくましい体をしています。足は短く、するどい気配の顔をしています。短めのしっぽは、少しだけ上に向いていて、かわいい印象をあたえます。
毛はかたい針金状で、ダブルコートです。また、まゆげとヒゲがあるのも大きな特ちょうです。毛色は黒にうすい茶色や灰色がまじるブリンドルや、黒と小麦色の暗色などをしています。

性格

活発で明るく元気な性格をしています。ガンコで強情な面をもち、またケンカっぱやい一面をみせる場合もあります。そのため飼育にはかなりの愛情とおおらかな心が必要ですが、子犬の頃から根気よく訓練していけば可愛い家庭犬になります。
どちらかといえば、主人はひとりと思うタイプの犬といえます。

歴史

1500年代にはスコッティッシュ・テリアの原種の飼育は始まっていたといわれています。イタチやキツネなどを追いかける能力に優れ、りょう犬として活やくしていました。
フランクリン・ルーズベルト大統領が、ホワイトハウスにこの犬を連れて行ったことから、世界中に広く知られるようになりました。

ペットとして飼う場合

飼育ポイント

活発でよく動く犬種なので、散歩はたっぷりと時間をとって行うと喜びます。

成犬の食事の回数は1日1回か2回で、内容はドライフードとかんづめフードを混ぜたものがよいでしょう。

毎日まめに手入れをしてあげましょう。毎日のブラッシングは犬とのコミュニケーションを深める意味もあります。室内飼育の場合は、つめ切りも定期的に行うようにしましょう。

健康上の注意点

もともと活動的な犬なので、散歩の量を増やすかエサを調整しないと、肥満につながります。
前足が後足より大きいためユニークな歩き方をしますが、散歩中につまずいて肉球を痛めることがあるので注意しましょう。

 

前のものを見る

次のものを見る

Copyright(C) 2016 PETPET All Rights Reserved

ペットペット

図鑑トップキッズgoo トップ