使い方・用語説明

四国犬

四国犬

【体 高】
45〜56cm
【体 重】
16〜28kg

外見のとくちょう

土佐(とさ)犬のルーツになった犬で、筋骨がたくましい日本犬です。目はややつり目で、精かんな感じがあります。
毛はやわらかく密生した下毛と、かたくまっすぐな上毛のダブルコートで、色はゴマや赤ゴマ、黒ゴマ、赤トラ、黒トラがあります。

性格

イノシシがりに使われるほどでタフで根性があり、りょう犬として優れています。とう争心や警かい心が強いため、番犬に向いています。飼い主がしっかりとリーダーになれないといけません。

歴史

名前の通り、四国地方に古くから根付いていて、土佐(とさ)犬のルーツにもなっています。中型の日本犬の代表的な種類のひとつで、1937年に天然記念物の指定を受けています。

ペットとして飼う場合

飼育ポイント

もともとがりょう犬なので、ストレスがたまらないように十分な運動をさせてあげましょう。

食事は、若犬や成犬では1日1〜2回が目安です。2回の場合は夕方の食事に重点をおき、朝は軽めにしましょう。

運動後にブラッシングをしましょう。特別な手入れは必要ありませんが、毛が生え変わる時期は入念な手入れを心がけましょう。

健康上の注意点

活動的な犬種なので、スキンシップをかねた適度な運動が、心身の健康を保つ上で重要です。

 

前のものを見る

次のものを見る

Copyright(C) 2016 PETPET All Rights Reserved

ペットペット

図鑑トップキッズgoo トップ