使い方・用語説明

バーニーズ・マウンテン・ドッグ

バーニーズ・マウンテン・ドッグ

【体 高】
59〜70cm
【体 重】
40〜44kg

外見のとくちょう

体高より体長の方がやや長いのが特ちょうですが、腹部やこしの部分の筋肉が発達しているため、見た目はそう長くは感じられません。頭頂部は平らでわずかにシワがあり、鼻先部はまっすぐでかなり長いです。鼻は黒く、目はアーモンド型で色はこい茶色。高い位置につく耳は三角形で垂れ耳、シッポはかかとに届く程度の長さで垂れています。
なめらかで美しく、光たくのある長いひ毛が、均整のとれたガッシリとした体をつつみこんでいます。量も豊富で、わずかにウェーブがかかっています。毛色はつややかなこい黒が基調で、前頭部から鼻先部にかけて細長く白いまだらが入ります。前胸、指にも白が入り、目の上、ほお、あしにはあざやかな黄かっ色のまだらがあります。
シッポの先程度の高さまでの白いまだらのあるものが望ましいとされるほか、それぞれの色がはっきりして、左右対しょうになっているものがよいとされています。

性格

注意深い面があるので油断する事はありませんが、こうげき性もありません。この犬種の性格のいちばんのポイントは、気立てのよさといえるでしょう。人間をしたう気持ちが強く、飼い主家族とのふれあいをとても喜び、スポーツなどに同はんさせると優しゅうです。ただし、若い犬では性格以上に元気がいいので、しつけをきちんと行う必要があります。
護衛犬、救助犬などの訓練にも適した犬だけに、物覚えはよいです。愛情をもって早期から正しくしつければ、たよりがいのある楽しい家族の一員になるでしょう。

歴史

スイスには同様な作業犬が4種いて、それらはローマ帝国時代にローマ軍に連れてこられたマスティフ系の犬と、スイス各地の地犬とが交雑したものだとされています。誕生したそれらの犬たちは、牧ちく犬、作業犬、ひき犬などとして、地方ごとに独自のタイプに作り上げられたといわれています。この犬種は、そのなかでも地犬との接しょくがひかく的少なかったため、長く美しいひ毛を保つことができたとされます。
スイス国内でのみ長い間飼われていましたが、この犬種のクラブが設立されたのがきっかけで、スイス以外の国ぐにでも飼育されるようになりました。
今日では、作業犬、はんりょ犬、番犬、牧ちく犬、家庭犬として、多くの国ぐにで愛育されており、日本での人気も高まっています。
名前は、原産地のベルン市にちなんでつけられたもので、山がく地での活動にたえられる犬という意味をもっています。

ペットとして飼う場合

飼育ポイント

あまり走り回るタイプの犬種ではありませんが、運動量をともなった長い散歩が大好きです。引き運動を中心に、1日2回、最低30分〜1時間の運動を日課としましょう。また、スポーツも喜ぶので、ジョギングやサイクリングにもいっしょに連れ出してあげるといいでしょう。
寒さには非常に強い面がありますが、反面、暑さには弱いです。特に夏場の運動は、朝夕のすずしい時間帯に行うよう心がけましょう。

食事は、若犬から成犬なら1日1〜2回、内容としては栄養バランスのよいドライタイプのドッグフードに肉類や内臓類をにたもの、かんづめフードなどを加えた混合食がよいでしょう。過食やへん食にも気を配り、運動量に見合った内容を心がけましょう。

日常的な手入れとしては、運動後にブラッシングを行います。この犬のひ毛は、ていねいにグルーミングをすればするほど美しくなるので、専門家に手入れをしてもらう事もおすすめです。春から初夏にかけてのかん毛期には、スリッカーブラシや金属製コームを使って、死毛を取リ除くことも大切です。自然のかん毛にまかせていると、皮ふ病になることがあるので注意しましょう。
ひ毛のよごれが目立ったらタオルなどでふき、じょうきょうに応じてシャンプーを行うとよいでしょう。

健康上の注意点

耳そうじはこまめに行うとよいでしょう。ただし、やりすぎて逆に傷をつけないように注意しましょう。日ごろからブラッシングのときによく観察して、皮ふの状態をチェックしてあげましょう。肥満によりしっしんなども出やすくなるので注意が必要です。
またとひじの関節形成不全に注意しましょう。

 

前のものを見る

次のものを見る

Copyright(C) 2016 PETPET All Rights Reserved

ペットペット

図鑑トップキッズgoo トップ