使い方・用語説明

土佐犬

土佐犬

【体 高】
55〜60cm以上
【体 重】
80〜90kg

外見のとくちょう

とう犬としての特ちょうを十分に備えています。たくましい骨格と力強い筋肉による、堂どうたる体形のもち主です。目は小さく、ひとみは暗かっ色。鼻先部は角張り、耳はたれ、のどの下には皮フの垂れ下がったたるみがあります。しっぽは付け根が太く、短く垂れ下がっています。一見してマスティフとよく似たこれらの特ちょうは、とう犬ならではのものです。
ひ毛はかたく密生した短毛です。毛色はレッドあるいはフォーンの赤一色が理想とされていますが、多少の白赤のまだらは許されています。

性格

こわいもの知らずで大たん、にんたい力があります。
大型犬特有のかんようで人なつこい一面ももっていますが、とう犬用として生み出された犬なので、とう争心やするどいこうげき性を秘め備えています。
いっかんしたしつけをおこたると、人の言うことなど聞かなくなる可能性が大きいです。幼犬のころから、愛情とにんたいをもった、いっかん性のある訓練を心がけましょう。

歴史

とう犬として有名な日本犬です。そのルーツはえど時代にまでさかのぼります。当時、土佐(とさ)の領主が仕える家来の士気を高めようと犬を戦わせて勝負を競う“とう犬”を強くすすめ、最初に使われたのが現在の四国犬でした。そしてえど後期になると、オランダやスペインからもちこまれたマスティフやブルドッグ、ブル・テリア、グレート・デーンなどの洋犬たちとの交配が進められ、明治時代にはさらに強力なとう犬が生み出されました。
現在、とさ犬はジャパニーズ・マスティフとも呼ばれていますが、それはマスティフの血を色こく残しているからだとされています。

ペットとして飼う場合

飼育ポイント

欲求不満を防ぐためにもじゅう分な運動が必要ですが、運動は専門家に一任するのが望ましいかもしれません。それが難しい場合は、専門家の指示にしたがって適切な運動を行うようにします。
たとえドッグランのようなノーリードが可能な場所であっても、必ずリードをつけるようにしましょう。

食事をあたえることが、しつけの第一歩といえます。栄養バランスのよい食事内容を心がけ、1日1回〜2回、運動量に見合った適量を規則正しくあたえましょう。

運動後には、ひ毛のブラッシングを十分に行います。また、よごれが目立ってきたら、よくしぼったタオルなどで身体のよごれを落とすと良いでしょう。かん毛期には、特にたんねんなブラッシングを行い、死毛を取り除きましょう。

健康上の注意点

大型犬に多くみられる、こ関節形成不全に注意が必要です。また、胃ねん転・腸ねん転などを防ぐためにも、運動前後30分間の食事はひかえるようにしましょう。

 

前のものを見る

次のものを見る

Copyright(C) 2016 PETPET All Rights Reserved

ペットペット

図鑑トップキッズgoo トップ