使い方・用語説明

グレート・ピレニーズ

グレート・ピレニーズ

【体 高】
63〜81cm
【体 重】
39〜57kg

外見のとくちょう

体高より体長の方がやや長めの体形をしていて、筋肉に富んでいてたくましさがあります。まっすぐなあしは、ガッチリとして骨太です。顔はほかの部位に比べて毛足が短く、低い位置から垂れた三角型の耳、落ち着いた表情を演出する暗色の目が特ちょうです。
ふかふかで厚いひ毛をもち、あらく長い上毛は体に沿うように平らに生え、やわらかな下毛が密生しています。垂れたシッポには、特に豊かなかざり毛がついています。毛色は白の単色や白にこげ茶のまだら、白およびグレーかタンのかげ(頭、耳、シッポのつけ根)のあるものもいます。

性格

飼い主に忠実でとても親しみやすく、利口な犬です。
護羊犬として働いていたころには、敵と判断するとしゅん時におそいかかるという、とても戦とう的な性質だったという事です。その後は改良が加えらましたが、今なおゆうかんでけいかいをおこたることがない点では変わっていません。そのため、ひそみもっているとう争心を表にださせることがないよう、早期からにんたい強い訓練を重ねる必要があります。

歴史

祖先犬はチベタン・マスティフという説があり、その起源は非常に古いといわれています。誕生のけいいとしては、紀元前100年ころ、フェニキア人に連れられて中央アジアからヨーロッパへとわたるとちゅう、各国の土着犬と交雑されて誕生したという説があります。また、セント・バーナードやニューファンドランドの祖先犬という説もあります。
主に、ピレネー山脈スペイン寄りの地域で、家ちくの護衛犬として活やくし、フランス王朝にも愛されていたといいます。
20世紀の初頭には絶めつの危機にひんしましたが、今日では欧米諸国を中心に定着しています。

ペットとして飼う場合

飼育ポイント

自由で運動好きな犬種なので、家庭犬であれば1日30分〜1時間の引き運動を2〜3回行います。またこの犬の場合太りやすいので、年れいや犬の状態に配りょして、そのきょりや内容を調節します。寒さに強く、暑さに弱いので時間的な面も配りょしながら運動させるといいでしょう。

食事は、若犬から成犬なら1日1〜2回、適量をあたえます。内容としては、栄養バランスのよいドライタイプにたんぱく質やカルシウムの豊富なフード、かんづめフードなどを加えた混合食がよいでしょう。過食やへん食に注意し、栄養バランスに配りょした内容であることが望ましいです。

白く長いごう毛は、毎日のブラッシングが欠かせません。毛も厚いので、表面だけの手入れだけにならないように気をつけましょう。
ピンブラシ、コームなどを使って全体をとかし、しっかり死毛を取り除きます。特に下毛が毛玉になると、害虫たちの温しょうにもなりますので、注意しましょう。かん毛期には、ていねいなブラッシングを心がけましょう。
体のよごれが気になれば、固くしぼったタオルでふきあげ、かざり毛などにクシを入れてほぐしてからブラッシングするとよいでしょう。
垂れた耳がムレやすいので、10日に1度くらいは耳のそうじを行うようにしましょう。

健康上の注意点

耳の感染しょうに気をつけるためにも、耳のそうじはこまめに行うようにしましょう。ただし、やりすぎて逆に傷つけないように気をつけます。
体質的に寒さには非常に強く、暑さに弱いです。
こ関節形成不全にも注意しましょう。
胃ねん転・腸ねん転を防ぐためにも、運動前後30分以内は食事をあたえるのをひかえましょう。

次のものを見る

Copyright(C) 2016 PETPET All Rights Reserved

ペットペット

図鑑トップキッズgoo トップ