使い方・用語説明

カーリーコーテッド・レトリバー

カーリーコーテッド・レトリバー

【体 高】
64〜69cm
【体 重】
32〜36kg

外見のとくちょう

体形はややスマートで、筋肉はよく発達しており、しなやかで強い体つきをしています。
かたい毛質の密生した巻き毛がこの犬のトレードマークで、毛色はブラックかレバーの単色です。

性格

ガンコな面もありますが、家族とのふれあいを求める愛らしい一面も持ち合わせています。

歴史

スパニエルやセター、レトリバーなどをもとにイギリスで作り出された犬種といわれていますが、くわしいことはわかっていません。19世紀ごろにオーストラリアやニュージーランドにわたり、カモやウズラなどの鳥類の回収犬として働いていました。

ペットとして飼う場合

飼育ポイント

毎日欠かさず、十分に運動させることが必要です。年れいや季節、体調などに応じて内容に変化をつけてあげましょう。水泳も得意なので、水遊びもよろこびます。
暑さに弱い面があるので、夏期の運動は早朝か夜に行うようにしましょう。日がしずんだ直後はアスファルトに熱が残るので、さけた方がよいでしょう。

食事は、若犬から成犬なら1日1〜2回が目安です。内容はドライフードをベースにたんぱく質やカルシウムの豊富なフード、犬の好むかんづめフードなどを加えた混合食がよいでしょう。運動量などを考えて内容を変化させましょう。

通常はぬけ毛は少ないのですが、毛の生え変わる時期には念入りにブラッシングしましょう。
必要があればシャンプーを行い、ふだんは固くしぼったタオルなどで、マッサージをするようにふくとよいでしょう。

健康上の注意点

大型犬によくみられる関節の病気のほか、過食やカロリー過多による肥満に注意しましょう。
耳の病気に気をつけるためにも、耳そうじはこまめに行うとよいでしょう。ただし、やりすぎて逆に傷つけないように注意しましょう。

 

前のものを見る

次のものを見る

Copyright(C) 2016 PETPET All Rights Reserved

ペットペット

図鑑トップキッズgoo トップ