使い方・用語説明

ワイマラナー

ワイマラナー

【体 高】
58〜69cm
【体 重】
32〜39kg

外見のとくちょう

バランスのとれた、たくましい体を持っています。大きな特ちょうは、青みがかったグレーの短毛と宝石のような目の色です。

毛は短くなめらかで、ツヤがあります。毛色は、ねずみ色がかったグレーから銀色がかったグレーまであり、頭と耳は他とくらべて多少明るい色をしています。

性格

頭がよく意志が強いので、適切な訓練をおこなえば、よい家庭犬にも番犬にもなれます。

歴史

19世紀初頭に、ドイツのワイマール地方の貴族たちが、野鳥がりに優れた能力のある犬を求めて作り出したといわれています。20世紀になってから、この犬種がアメリカにわたったことをきっかけに、広く知られるようになりました。

ペットとして飼う場合

飼育ポイント

とても運動が大好きなので、毎日たっぷり運動をさせてあげましょう。

食事は、成犬で1日1回か朝夕の2回が目安です。2回の場合は夕方の食事に重点をおいて、朝は軽めにしましょう。内容は栄養バランスのとれたドライフードやかんづめフードがいいでしょう。

短くなめらかな毛は、週2回ほどのペースで固くしぼったタオルで全身をふいてあげましょう。

健康上の注意点

短毛種のため冬の寒さには弱いので、保温に気を配りましょう。
胃ねん転を防ぐためにも、運動前後に食事をあたえる事はさけましょう。

 

前のものを見る

次のものを見る

Copyright(C) 2016 PETPET All Rights Reserved

ペットペット

図鑑トップキッズgoo トップ