使い方・用語説明

ジャイアント・シュナウザー

ジャイアント・シュナウザー

【体 高】
60〜70cm
【体 重】
32〜35kg

外見のとくちょう

がんじょうな体形は、力強い筋肉におおわれた、正方形に近い四角形です。顔はストップと呼ばれる目の間のくぼみが明確でなく、かたいあごひげがあります。また目の周囲を囲むような、長いまゆをもっています。
長く密に生えた毛は、針金状のかたいダブルコートで、毛色はソルト&ペッパーおよび黒、ブラック・タンがあります。

性格

愛情が深く、たよりがいのあります。海外では警察犬や災害救助犬として評価を得ています。

歴史

牛や馬を追うことを目的として、19世紀初頭にスタンダード・シュナウザーをもとに、他の犬種との交配により大型に改良されました。その後、警察犬に登用されて好評を得て、1915年ごろには有能な使役犬として世界的に広まりました。

ペットとして飼う場合

飼育ポイント

活動的な犬で、適度な運動が必要になります。1日最低2回は、20〜30分程度の引き運動を実行しましょう。コースは犬の年れいや体調、季節に応じて変化をつけるとよいでしょう。

食事は、若犬から成犬では1日1〜2回が目安です。内容としては、栄養バランスに優れたドライフードをベースに、かんづめフードなどを加えた混合食がよいでしょう。

針金状の上毛はもつれやすいので、毎日のブラッシングが必要です。また、よごれやすい口のまわりは、毎食後に手入れをして清潔さを保ちましょう。専門家に任せた定期的なトリミングも実行するようにしましょう。

健康上の注意点

耳の病気に注意するために、耳そうじはこまめに行いましょう。ただし、やりすぎて逆に傷つけないようにしましょう。
大型犬に多い関節の病気や遺伝性の眼病に注意しましょう。

 

前のものを見る

次のものを見る

Copyright(C) 2016 PETPET All Rights Reserved

ペットペット

図鑑トップキッズgoo トップ