使い方・用語説明

シュブンキン

シュブンキン

基本情報

【体 長】
【飼育レベル】
初心者向き
【入手レベル】
やさしい

説明

流通量も多く、とてもポピュラーな種類の金魚です。その誕生の生い立ちとしては、三色デメキンとフナ尾(お)のワキン、ヒブナとの交配から、日本で誕生したといわれています。誕生したものの中から、キャリコの色さいをもって長い尾(お)ビレをもったものを親に使い、交配、選別を続けていくうちに固定されていったものとされています。
ワキンの体形をもち、各ヒレはワキンより長いゆうがな姿をしています。フナの血統をもっているので強健な種類といえ、飼育がしやすい種類です。むしろ活発なほうだといえます。
青の基調をもったものがよいとされていますが、体色にはバラエティが多いので、各自好みに合わせて選べばよいでしょう。エサとしては、イトミミズなどの生きたエサや冷とうのエサ、金魚用の人工飼料など何でもよく食べます。バランスの取れたエサやりを心がけましょう。

 

前のものを見る

Copyright(C) 2016 PETPET All Rights Reserved

ペットペット

図鑑 トップキッズgoo トップ