使い方・用語説明

カクレクマノミ

カクレクマノミ

基本情報

【学 名】
Amphiprion ocellaris
【分 布】
西部太平洋
【体 長】
8cm
【飼育レベル】
比較的容易

説明

「クラウン」のニックネームがあるクマノミの仲間です。鮮やかなオレンジ色と白いしま模様から、非常に人気の高い種で、フィリピンやインドネシアからまとまって輸入されています。ただし、入荷直後の個体はやや弱い面がありますので、購入する際には注意しましょう。
その泳ぎ方も独特といえ、体をゆするように動く仕草が可愛いです。ハタゴイソギンチャクやセンジュイソギンチャクと共生していて、共生することによって皮ふ病やエラ病に感染しにくくなります。
クマノミの仲間はいずれも性てんかんすることで知られていて、オスで成熟した後、そのイソギンチャクの中で一番大きな個体がメスへと性てんかんします。いきえから人工飼料までなんでもよく食べ、飼育しやすい魚です。
クマノミ類の中でも、おとなしい種類です。

 

前のものを見る

次のものを見る

Copyright(C) 2016 PETPET All Rights Reserved

ペットペット

図鑑 トップキッズgoo トップ