使い方・用語説明

ハイエナ

ハイエナ

基本情報

【別 名】
hyena(英名)
【分 類】
ほ乳類 食肉目ハイエナ科
【生息地】
アフリカ
【体 長】
約1m、おは約20cm(ツチオオカミは体長約70cm、おは約25cm)
【体 重】
約40〜70kg(ツチオオカミは約10kg)
【体 高】
【え さ】
死肉、シマウマ、ヌーなどの有てい類、こん虫など
【その他】
ブチハイエナは体重の3分の1の肉を一度に食べることもできる

説明

ブチハイエナ、カッショクハイエナ、シマハイエナ、ツチオオカミのハイエナ科にぞくした4種類のほ乳類をハイエナとよぶ。共通するとくちょうは、大きな頭と口、強いあご。前足は長く、後ろ足は短い。西アフリカから東アフリカ、アフリカ南部にすむブチハイエナは、灰かっ色の毛にはんてんもようをもつ。体重は60〜70kgほどとハイエナの中でもっとも大きく、ライオンなどが食べ残した死肉をあさるだけでなく、数ひきで協力してヌーやシマウマ、インパラなど大型の動物をかる。アフリカ南部にいるカッショクハイエナ、アフリカからアジアにいるシマハイエナは、死肉を好み、単独で行動することが多い。小型のツチオオカミは長い舌を使ってシロアリなどのこん虫を食べる。