使い方・用語説明

コツメカワウソ

コツメカワウソ

基本情報

【別 名】
oriental short-clawed otter(英名)
【分 類】
ほ乳類 食肉目イタチ科
【生息地】
東南アジア、南アジア、東アジア
【体 長】
約45〜60cm、おは約25〜35cm
【体 重】
約1〜5kg
【体 高】
【え さ】
こうかく類、魚、カエルなど
【その他】
オスとメスの両方が子育てを行うことで知られている。

説明

全体の毛の色はうす黒い茶色からこげ茶色で、のどは白から明るい灰色。インド、スリランカ、インドネシアや中国南部などにくらす。カワウソの中でもっとも小さい。足のはばはせまく、小さなつめがついた前足で、カエルやザリガニなどのこうかく類、魚などをつかまえて食べる。はんしょく期間は秋または冬。メスが生む子どもの数は平均2匹で、オスとメスの両方が子育てを行う。