使い方・用語説明

カピバラ

カピバラ

基本情報

【別 名】
capybara(英名)
【分 類】
ほ乳類 げっ歯目カピバラ科
【生息地】
南アフリカ東北部
【体 長】
約1m
【体 重】
約50kg
【体 高】
【え さ】
水中植物、樹皮など
【その他】
子どもは、生まれて間もなく泳いだり走ることができる。

説明

たるのような体で、リスやねずみが属するげっ歯類の中でもっとも大きい。南アフリカの東北部の森林の川や池、ぬま地に住む。茶色くかたい毛におおわれ、指には部分的に水かきがあり、泳ぎが得意。目、耳、鼻を水面からだして泳ぐことができ、短い時間であればせんすいもできる。水の中で日中の暑さをさけたり、夕方には水中植物を食べる。敵におそわれる危険をさけるために、つがい(夫婦のこと)、子どものいる家族、1頭のおすと数とうのめすとその子どもからなる大家族など、むれでくらしている。