使い方・用語説明

コアラ

コアラ

基本情報

【別 名】
フクログマ、コモリグマ koara(英名)
【分 類】
有たい類 オポッサム目コアラ科
【生息地】
オーストラリア東部の低地
【体 長】
約70cm
【体 重】
約4kg(メス)〜約15kg(オス)
【体 高】
【え さ】
ユーカリの葉
【その他】
何百種類もあるユーカリのうち、約30種類だけしか食べない

説明

小さなクマのようなずんぐりとした体をしていて、しっぽはほとんどない。平たくて丸い頭、大きな耳、つぶらな目、黒い鼻など、愛らしい姿で人気がある。灰色に近い長くてやわらかい毛におおわれ、おなかや手足の裏がわ、耳の中は白い。一生のほとんどをユーカリという常緑樹の上で暮らし、1日20時間もねむり、とてもゆっくりと動くけれど、地面では走ることもある。前足の向かい合った5本指には木の枝をつかむするどい爪があり、力はとても強い。また、後ろ足の2本の指はくっついている。ユーカリの葉や若い芽しか食べず、子どもはお母さんのふんを食べてユーカリを食べられるようになる。お母さんの背中にしがみつく赤ちゃんコアラの様子はとてもかわいらしい。一時は絶めつしかかったが、今は大切に保護されている。