使い方・用語説明

ワラビー

ワラビー

基本情報

【別 名】
wallaby
【分 類】
有たい類 フクロネズミ目カンガルー科
【生息地】
オーストラリア
【体 長】
約50cm
【体 重】
約10kg
【体 高】
【え さ】
草など
【その他】
ワラビーは小〜中型のカンガルーで、習性や暮らしはカンガルーとよく似ている。近い仲間にワラルーがいる。

説明

ワラビーは、カンガルーの仲間の中でも体が小さく、草原にいるものや、岩場で生活するもの、林の中で見られるものなど、さまざまな種類がいる。おとなしい動物で、ほとんど鳴かない。じゅ命は9年ほどだ。夕方から夜に行動し、カンガルーと同じように前足が小さく、立ち上がって後足を使い、しっぽでバランスをとりながら、ぴょんぴょんはねて前に進む。顔つきはカンガルーよりもネズミに似ていて、目や耳が小さくて、とてもかわいらしい。また、カンガルーと同じく、メスがおなかのふくろで子どもを育てる。