使い方・用語説明

ウォンバット

ウォンバット

基本情報

【別 名】
wombat(英名)
【分 類】
有たい類 フクロネズミ目ウォンバット科
【生息地】
オーストラリア、タスマニア
【体 長】
約1m
【体 重】
約30kg
【体 高】
【え さ】
草など
【その他】
池田市にある「日本一小さい動物園」として知られる「五月山動物園」には、ヒメウォンバットがいる。

説明

オーストラリアやタスマニア島に住む有たい類の一種。全身をうす茶色や黄色っぽい毛がおおい、ずんぐりむっくりしていて、小さなクマのような姿をしている。鼻先だけ毛が生えておらず、目は小さい。足はとても短く、先に強い爪がある。夜行性で、日中は土をほって作った長さが何mもある巣穴のおくにいて、夜になると外に出て木の葉っぱや根を食べる。ふだんは1頭でいるが、はんしょくの時期になるとオスとメスのつがいで暮らす。生まれたばかりの赤ちゃんは体長1cmほどで、半年近くお母さんのおなかにあるふくろの中で過ごす。