使い方・用語説明

アジアゾウ

アジアゾウ

基本情報

【別 名】
インドゾウ、asian elephant(英名)
【分 類】
ほ乳類 ゾウ目ゾウ科
【生息地】
南アジア、東南アジア
【体 長】
約5〜6m、おは約1〜1.5m
【体 重】
約2〜5t
【体 高】
約2〜3m
【え さ】
草、木の葉
【その他】
人間とのつきあいの歴史が長い動物だが、絶めつが心配されている。

説明

アフリカゾウとくらべて耳が小さく、オスはきばをもっていることが多いが、メスのきばは小さく、ない場合もある。また、鼻先にあるでっぱりがアフリカゾウは2つあるのに対して、アジアゾウはひとつ。アジアの熱帯地域でメスと子どもが小さな群れで暮らすが、古くから力仕事を手伝う家ちくとして飼いならされてきた。材木や荷物の運ぱんに使われている。