使い方・用語説明

アフリカゾウ

アフリカゾウ

(C)前原広

基本情報

【別 名】
ゾウ、african elephant(英名)
【分 類】
ほ乳類 ゾウ目ゾウ科
【生息地】
アフリカのサハラ砂漠以南のサバンナや森林
【体 長】
約6〜7m、おは1〜1.5m
【体 重】
約2〜7t
【体 高】
約3m
【え さ】
草、木の葉
【その他】
陸上の動物のなかで最大の動物だが、絶めつが心配されている。

説明

アフリカゾウは陸上の動物のなかで最大で、木の葉や枝などの植物を1日に200〜300kg食べる。ゾウの鼻は「5番目の足」といわれ、エサをつかんだり、枝をたおしたり、砂をふいたりするのに使われている。また、アフリカゾウには、オスにもメスにも前方にカーブしたきばがある。見通しのいい森林やサバンナに、いくつもの家族が集まって暮らす。最年長のメスのもとに、ほかのメスたちとその子どもたちによる家族が集まり、数十頭の群れとなる。移動時やはんしょく期など、身を守る必要があるときは100頭以上の群れになる。