使い方・用語説明

ホッキョクグマ

ホッキョクグマ

基本情報

【別 名】
シロクマ、polar bear(英名)
【分 類】
ほ乳類 食肉目クマ科
【生息地】
北極、カナダ北部
【体 長】
約2〜3.5m、おは約10cm
【体 重】
約400〜700kg
【体 高】
【え さ】
アザラシなどほ乳類、海鳥、鳥の卵、コケなど
【その他】
近年は、地球温暖化のために海がこおらず、アザラシなどのエサをとるのにえいきょうが出てきている。

説明

海岸近くの氷の上にすんでいて、泳ぎもうまい。白い体毛は、太陽の熱を体に伝えたり、水中を泳ぐときにうきやすくしたり、また、雪と氷の中でカモフラージュになったりなど、いくつもの役に立っている。にんしんしたメスのみ雪や地面に穴をほって冬みんし、そのあいだに子どもを生む。オスやにんしんしていないメスは冬みんをしない。