使い方・用語説明

ウシ

ウシ

基本情報

【別 名】
bull、cow(英名)
【分 類】
ほ乳類 ぐうてい目ウシ科
【生息地】
世界各地
【体 長】
約1.5m
【体 重】
約500kg
【体 高】
約1.3m
【え さ】
草、木の葉など
【その他】
インドでは、とくにヒンドゥー教で、ウシが神聖な生き物といわれ、大切にされている。

説明

ウシが家ちくになったのは、ヒツジやヤギよりもあとのこと。アジア南西部にいたオーロックスが家ちくの祖先といわれているが、すでに絶めつしている。家ちくのウシは、農耕や運ぱんに利用され、食肉や牛乳をとるために飼われてきた。また、フンは肥料や燃料にも使われる。また、ウシは、指の数が2本か4本で、ひづめがある(ぐうてい目)。これはウシ科の動物すべてに共通していて、ほかに、草を消化するために胃が4つに分かれ、それぞれちがう働きをしているのも特ちょう。