使い方・用語説明

ラマ

ラマ

基本情報

【別 名】
リャマ、llama(英名)
【分 類】
ほ乳類 ウシ目ラクダ科
【生息地】
南アメリカの高地
【体 長】
約2m
【体 重】
約200kg
【体 高】
約1.5m
【え さ】
草など
【その他】
ラマによく似たアルパカは、同じラクダの仲間で、やや小さく、体の毛がラマより長い。

説明

アンデス山地など、南アメリカの標高2000〜4000mの高い山や草原に住んでいる。大きくてしっかりとした体と長い首を持つ。全身に白い毛がふさふさと生えていて、せなかにだけ、こい灰色の毛が生えている。また、ほかの毛色もいる。顔はラクダによく似ていて細長く、頭の両側から長い耳がぴんと立っている。目は横長で、ほかのラクダの仲間と同じように、まぶたが厚くたれ下がっている。アンデスに住む人たちは、荷物を運んでくれるラマを家ちくとして大事にしているほか、食用にもする。