使い方・用語説明

ヤクシカ

ヤクシカ

(C)立澤 史郎

基本情報

【別 名】
Yaku sika deer(英名)
【分 類】
ほ乳類 ウシ目シカ科
【生息地】
屋久島
【体 長】
約1.2m
【体 重】
約40kg
【体 高】
約70cm
【え さ】
木の葉、草など
【その他】
屋久島には、ヤクシカのほかに、ニホンザルの仲間のヤクシマザルなどいろいろな野生生物がいる。

説明

鹿児島県の屋久島に住むニホンジカの仲間で、北海道や本州にいるものと比べて体はやや小さい。また、毛並みもこいかっ色をしていて、角は短い。角ははんしょく期が終わる3月頃までに落ちて、初夏に新しい角が生えてくる。屋久島のほぼ全域にいて、海岸近くの低い山から2,000メートルの山頂まで何千頭もいると推測されている。また、島西部の人が住んでいないところは世界自然遺産に登録されていて、ヤクシカやヤクシマザルなどの野生生物が多く見られる。しかし、屋久島でヤクシカの数が増えていることが、島の大切な植物などの絶めつにつながるのではないかと心配されている。