使い方・用語説明

モウコノウマ

モウコノウマ

基本情報

【別 名】
przewalski’s wild horse(英名)
【分 類】
ほ乳類ウマ目ウマ科
【生息地】
中央アジア
【体 長】
約2m
【体 重】
約300kg
【体 高】
約1m
【え さ】
【その他】
モンゴルでは、モウコノウマを守るために、国の中に保護地区をつくっているんだ。

説明

うすい茶かっ色の体をしていて、しっぽが長く、たてがみとしっぽの毛がちぢれている。ウマはほとんど人間の家ちくにされたが、モウコノウマは、生きているただ1種類の野生のウマだ。むかしはアジア大陸やヨーロッパにかけてたくさんいたが、人間につかまえられて絶めつしそうになった。でも、動物園でかわれていたモウコノウマをもとにいろいろな国の動物園がはんしょくをして、数が増えたので、モンゴルなどで野生にもどす計画がある。