使い方・用語説明

シマウマ

シマウマ

基本情報

【別 名】
zebra(英名)
【分 類】
ほ乳類 きてい目ウマ科
【生息地】
アフリカ東部、南部
【体 長】
2〜3m、おは約50cm
【体 重】
約200〜400kg
【体 高】
約1.5m
【え さ】
【その他】
体のしまは、身を守る「目くらまし」のためとも、温度調節のためともいわれている。

説明

体に白と黒のしまがあるウマ。シマウマにはサバンナシマウマ、ヤマシマウマ、グレービーシマウマの3種がおり、生息地や、しまの太さ、腹にしまがあるかどうかなどで見分けることができる。どのシマウマも長い足で速く走ることができ、アフリカ大陸の広い草原に暮らす。臼歯が発達し、かたい草も食べることができる。サバンナシマウマとヤマシマウマは、1頭のオスが複数のメスと子どもと群れ(ハーレム)をつくる。また、ヤマシマウマ、グレービーシマウマは絶めつが心配されている。