使い方・用語説明

ヒガシクロサイ

ヒガシクロサイ

基本情報

【別 名】
クロサイ、black rhinoceros(英名)
【分 類】
ほ乳類 ウマ目サイ科
【生息地】
東アフリカ、アフリカ南部
【体 長】
約3〜4m、おは約60cm
【体 重】
約1t
【体 高】
約1.5m
【え さ】
木の葉、小枝
【その他】
日本の動物園では、クロサイのなかでも、ヒガシクロサイが飼育されている。

説明

灰色をしたクロサイの仲間。クロサイはアフリカ東部、南部の森林や木のはえたサバンナにすみ、オスは単独で行動し、メスは子どもをつれて10頭ほどの群れですごす。とがった上くちびるで、低い木の葉や若芽をつまんで食べるのが特ちょう。ツノが2本あり、かつて、その角をとるために多くのクロサイが乱かくされた。クロサイをはじめ、サイの仲間はすべて、絶めつが心配されている。