使い方・用語説明

マヌルネコ

マヌルネコ

基本情報

【別 名】
manul(英名)
【分 類】
ほ乳類 食肉目ネコ科
【生息地】
中央アジア
【体 長】
約50cm、おは約20cm
【体 重】
約2.5〜5kg
【体 高】
【え さ】
ネズミ、鳥
【その他】
名前の「マヌル」はモンゴル語で「小さいヤマネコ」を意味する。

説明

かんそうした草原や砂ばく、高地の岩山などにすむ。ヤマネコのなかではめずらしく毛が長く、寒さを防ぐためといわれている。また、ずんぐりとした体で、耳が低い位置についた平べったい頭も特ちょう。おもに夜に活動し、岩場でネズミや鳥などを待ちぶせておそう。イランから中国西部にかけた中央アジアにすんでいる。