使い方・用語説明

ゴリラ

ゴリラ

基本情報

【別 名】
gorilla(英名)
【分 類】
ほ乳類 れい長目オランウータン科
【生息地】
中央アフリカ、東アフリカ
【体 長】
1.5〜2m
【体 重】
約100〜200kg
【体 高】
【え さ】
樹皮、果実、草の葉、くきなど
【その他】
森林はかいやかり、感染病などにより、絶めつが心配されている。

説明

チンパンジーのように、ヒトに近い感情や知能があるといわれており、れい長類のなかではいちばん大きい。ニシローランドゴリラとヒガシローランドゴリラ(マウンテンゴリラ)の2種がいる。シルバーバックといわれる1頭のオスを中心に、数頭のメスと子どもで小さな群れをつくって暮らしている。たがいにジェスチャーや、満足感や不満を示すうなり声など出してコミュニケーションをしており、群れの結びつきはとても強いといわれている。