使い方・用語説明

アビシニアコロブス

アビシニアコロブス

基本情報

【別 名】
eastern black and white colobus(英名)
【分 類】
ほ乳類 れい長目オナガザル科
【生息地】
アフリカ中部、東部
【体 長】
約50cm、おは約80cm
【体 重】
約10kg
【体 高】
【え さ】
若葉、葉、果実
【その他】
黒と白のもようをしていて、そのコントラストがとても美しいサル。

説明

体全体は黒く、顔のまわりとかたから尻にかけてのびた毛、そしておの先の毛が白い。熱帯雨林の木の上で生活し、葉や木の芽などを主食としている。植物の葉は消化しにくいが、アビシニアコロブスはウシのように分化した胃をもっているので葉を主食にして栄養をとることができる。1頭のオスと数頭のメス、子どもからなる小さな群れで暮らしている。