使い方・用語説明

コバンソウ

コバンソウ

基本情報

【分 類】
イネ科 コバンソウ属
【原産国】
ヨーロッパ
【自然開花期】
5月〜7月
【花言葉】
白熱した議論

説明

穂(ほ)の形が小判に似ているところからコバンソウの名がついたと言われる。別名タワラムギともいう。花は5〜7月にさき、茎(くき)の先端(せんたん)に円すい状の花柄(かへい)を出し、すき間を空けて小さな穂をつける。水生庭園などで見られる1年草。

育て方アドバイス

寒さに強いためさいばいは容易。土壌(どじょう)に腐葉(ふよう)土を加えると良く育つ。

育てやすさ

  • ☆
  • ☆
  • ☆