使い方・用語説明

ガマの花

ガマの花

基本情報

【分 類】
ナス科
【原産国】
不明
【自然開花期】
6〜9月
【花言葉】
特になし

説明

ガマの穂(ほ)は緑かっ色の雌穂(めすほ・しほ・しすい)の上に黄色の雄穂(おすほ・ゆうし・ゆうすい)が連なっている。雄穂の先にはぼう大な量の花粉ができます。10月〜11月には結実して、茶色い、いっぱんに言うガマの穂になります。熟すと白い綿毛の付いた果実をちらします。

育て方アドバイス

水辺に生えるため、育てるには水分の多い土が必要です。生命力はとても強い植物です。

育てやすさ

  • ☆
  • ☆