使い方・用語説明

マムシグサ

マムシグサ

基本情報

【分 類】
サトイモ科
【原産国】
日本
【自然開花期】
4〜6月
【花言葉】
特になし

説明

とてもきみょうな形の植物で、花に見えるのは仏炎苞(ぶつえんほう)と呼ばれる部分です。その中心に肉穂(にくすい)状の花序(かじょ)があります。仏炎苞(ぶつえんほう)は長さ10〜20センチメートル程度でうす緑色から黒むらさき色をしています。
 山地や林の、ややひっそりした場所にしています。

育て方アドバイス

直射日光のあたる場所より、半ひかげのほうがよく生育します。また、有機質の土壌(どじょう)を好みます。

育てやすさ

  • ☆
  • ☆