使い方・用語説明

ヒメオドリコソウ

ヒメオドリコソウ

基本情報

【分 類】
シソ科オドリコソウ属
【原産国】
ヨーロッパ
【自然開花期】
3月〜5月
【花言葉】
愛嬌(あいきょう)

説明

花は明るい赤むらさき色の唇形(しんけい)花で、上部の葉の脇から外側に向かって開き、上から見ると放射状に並ぶ。他の花が少ない時期にはミツバチにとっては重要な蜜(みつ)の供給源となる。ピンクの小さな唇形(しんけい)の花を輪状につける。

育て方アドバイス

成育場所は半ひかげを好む。そのままにしておくのが一番。葉をもむと悪しゅうがある。

育てやすさ

  • ☆
  • ☆