使い方・用語説明

サンキライ(山帰来)

サンキライ(山帰来)

基本情報

【分 類】
ユリ科
【原産国】
日本・中国・朝鮮・インドシナ
【自然開花期】
4〜5月 実は10〜11月
【花言葉】
特になし

説明

本来は、サルトリイバラ(猿捕茨)と言い、昔は毒消しの実として使われていました。つる性植物の落葉低木で2mまでは成長します。茎(くき)には刺(とげ)があり、他の植物にからみ付いて成長します。山野に多く自生しているため、さいばいをおこなうことはせず、毒消しの必要がある時に山に入り実を食べて帰ってくるという利用をされていました。名前の由来もこのことから山帰来と呼ばれています。

育て方アドバイス

現在では、秋には赤く実が熟し、自然かんそうすることからドライフラワーとしても楽しまれています。

育てやすさ

  • ☆
  • ☆