トップ > 用語集

用語集

注目の用語

たいふう / 台風
北西太平洋にある熱帯低気圧のうち、域内の風力が8以上[最大風速17.2m/s(メートル毎秒 ※1秒間に1mの速度)以上]であるもの。台風はあたたかい空気でできていて、水蒸気が水に変わるときの熱がエネルギー源となっているので、台風が発生、発達するのは、水蒸気のほうふなねったいの海上である。天気図をみると台風の等圧(とうあつ)線は同心円(どうしんえん)状となり、その間隔は中心ほどせまくなっている。台風内の風向変化は半時計まわりであり、進行方向の右側半円では、台風自身の移動速度も加わるため風速が強くなる。台風による災害は、大雨、風害、河川のはんらん、土砂(どしゃ)災害、高潮(たかしお)、高波(たかなみ)などである。台風の大きさは風速15m/s以上の領域(りょういき)の半径を基準にして決め、強さは台風の最大風速を基準にして決める。大きさ 大型(大きい):500〜800km未満 超大型(非常に大きい):800km以上強さ 強い:33m/s以上〜44m/s未満 非常に強い:44m/s以上〜54m/s未満 猛烈な:54m/s以上(→熱帯低気圧暴風域)なお、ハリケーンはカリブ海・メキシコ湾、サイクロンはインド洋・アラビア海・ベンガル湾で発生したものである。

情報提供:JWA