トップ用語集 > くものぶんるい / 雲の分類

用語集

くものぶんるい / 雲の分類
雲は、おもにできる高さや形状によって10種類にわけることができ、これを十種雲形という。雲を高さで分類すると、「上層雲(じょうそううん)」「中層雲(ちゅうそううん)」「下層雲(かそううん)」に分けられる。「上層雲」は地上から5〜13(キロメートル)km、「中層雲」は2〜7km、「下層雲」は2km以下となっており、雲の高さは季節や緯度によって異なる。一方、雲を形で分類すると、わたのかたまりのような雲は「積雲(せきうん)」、羽のようにうすく白いすじ状の雲は「巻雲(けんうん)」、水平に広がっている雲は「層雲(そううん)」と大きく3種類にわけられる。十種雲形はこれらに基づき分類していて、以下のとおりである。上層雲:巻雲 巻積雲 巻層雲、中層雲:高積雲 高層雲、下層雲:層積雲 層雲 乱層雲その他、雲が垂直にのびた形状の 積雲、積乱雲がある。
むずかしい言葉は、先生や大人に聞いてみよう。

情報提供:JWA