トップ用語集 > かみなり / 雷

用語集

かみなり / 雷
発達した積乱雲(せきらんうん)の上と下で電気がちくせきされ、一定以上になると空気のぜつえんをやぶって、雲と雲の間や雲と地面の間で放電が起こる現象。「らいめい」は放電したところが瞬間的に熱せられ、空気が急げきにぼうちょうしてしん動するために起こる。雷をもたらす積乱雲は、夏の内陸部や冬の日本海側、寒冷前線通過時にみられる。なお、空気中では音は1秒間に331m(メートル)の速度で進むことから、雷がピカっと光り、ゴロゴロと鳴るまでの秒に331mをかければ、かみなりまでの距離を知ることができる。
むずかしい言葉は、先生や大人に聞いてみよう。

情報提供:JWA