トップ用語集 > おがさわらきだん / 小笠原気団

用語集

おがさわらきだん / 小笠原気団
夏の天候に影響をおよぼす暖かく湿った気団(きだん)[海洋性熱帯気団]。海面温度の高い小笠原方面の太平洋上で発生するので、温度が高く、しめっているのがとくちょうである。この気団は南または南東の弱い風となり日本付近にふき込むので、晴れるが蒸し暑くなる。内陸部では雷雲が発生し、雷や夕立をもたらすこともある。
むずかしい言葉は、先生や大人に聞いてみよう。

情報提供:JWA