トップ用語集 > ゆき / 雪

用語集

ゆき / 雪
雲から降る氷の結晶。水蒸気を含んだ空気が上昇して、温度が非常に低くなると水蒸気は昇華(しょうか)して小さな氷の結晶となる。この氷の結晶の表面には、昇華してできた氷の結晶が次々と付着し、やがて大きな氷の結晶、雪の結晶となる。これがとけずに落ちてきたものが雪である。
むずかしい言葉は、先生や大人に聞いてみよう。

情報提供:JWA