トップ用語集 > へんせいふう / 偏西風

用語集

へんせいふう / 偏西風
北緯(ほくい)25度より北の上空でふいている強い風。冬に強まり北緯30〜35度の高度約12km(キロメートル)[200hPa(ヘクトパスカル) ※国際単位系(SI)の圧力・応力の単位]付近で強い西風となる。日本付近の高気圧や低気圧は、この偏西風(へんせいふう)の影響を受け、西から東へ進む。このため日本の天気は西からしだいに変化する。
むずかしい言葉は、先生や大人に聞いてみよう。

情報提供:JWA