トップ用語集 > フェーンげんしょう / フェーン現象

用語集

フェーンげんしょう / フェーン現象
山の風上で湿った空気がしゃ面を上昇し、雨や雪が降り、風下でかわいた風がしゃ面を吹き下りて気温が上昇する現象。湿った風が山のしゃ面にそって上昇すると、100m(メートル)について0.5℃の割合で気温が下がり、ほうわ水蒸気量が小さくなるので、水蒸気の一部はぎょうけつして雨となる。ここで水分が減少した空気は、山をこえて反対側にふき下りる。このとき100mに1℃の割合で気温があがり、あたたかくかわいた風となる。風下では空気はかんそうしているので、火災が発生すると大火事になることがある。
むずかしい言葉は、先生や大人に聞いてみよう。

情報提供:JWA